ALA (ARCHITECTURE LABORATORY for ART

JP / EN

WORKS

ALL ARCHITECTURE INTERIOR PAVILLION

梼原まちのえき*

高知 / 2010 / ホテル・マーケット

「雲の上のまち」として知られる高知県檮原町の町営ホテル。アトリウムを中心に15の宿泊施設が並び、アトリウムは地元の食材を扱う市場(マルシェ)として機能し、町を訪れた人々はにぎやかなマルシェの脇で新鮮な食材を用いた食事をとることができる。かつて檮原の人々は茅葺きの「茶堂」で峠を越える旅人をもてなしてきた。このもてなしの伝統に触発され、このマルシェの外壁にも茅が用いられている。ブロック化した茅は、軸に沿って回転し、換気可能なディテールとしている。