ALA (ARCHITECTURE LABORATORY for ART

JP / EN

WORKS

ALL ARCHITECTURE INTERIOR PAVILLION

SLY Lumine EST 新宿

東京 / 2018 / Retail

様々なテイストで“NEW SEXY”を表現するウィメンズブランド、SLYの新宿店。

“フリップウォール”と呼ぶ表と裏で異なるテクスチャー壁のレイヤー状配置によって、旗艦店としてブランドイメージの新しいインパクトを生み出しつつ、雑多になりがちな駅前・狭小店舗におけるモノとヒトのレイアウトを再編した。

“フリップウォール”は、通常、内装壁の骨組みとして使われるLGS材をつなぎ壁状にしたもの(表)と、白染したオーク材乱張り(裏)から成っている。LGSの鈍い光沢感はこれまでのSLY空間になかった異質性をもたらし、裏面のリラックスした木質との強いコントラストを生む。このコントラストを特注配色したカラフルノイズな床(ゴムチップ)によってソフトに統合している。

「Cool ↔ Warm」「Luxury ↔ Street」「Rough ↔ Delicate」といった表裏で印象が入れ替わるレイヤー間をアイテムやヒトが頻繁に行き来する空間体験はSLYの描くアンビバレントに発展していく世界観にフィットすると考えた。